お腹の毛が濃いのはどうして?女性を困らす毛深い腹毛

毛深い

基本的に髪の毛は女性ホルモンが優位・その他の体毛は男性ホルモンが優位。女性ホルモンが多い女性は、体毛はそれほど濃くないですが、外的・内的要因を問わずいくつかの要因が影響を及ぼすと、このホルモンバランスが崩れ、女性でも毛深い腹毛が生えるようになります。

ただ、遺伝的に元々お腹の毛が濃い女性が、毛を薄くするのは難しいですが、日頃の生活習慣をちょっと見直すことでホルモンバランスが元に戻り体毛の悩みも改善するケースがよく見られます。

むしろ、お腹の毛等が以前より濃いと感じてきたら、それは体が出している何らかのサインとして、心身の健康全体をチェックしてみる時期かもしれません。

いろいろある女性の腹毛が濃くなる原因

肌に刺激を与えてしまう外的な要因 (過度なムダ毛処理によるダメージ・紫外線)

体は、刺激を受けるとそのダメージから守るためにより強い毛・太い毛を生やそうとします。腹毛を濃くする代表的な原因はむだ毛処理の仕方。お腹の毛をかみそりで処理する方が多いですがこの方法はいくら優しく処理しようとしても肌は傷ついてしまいます。まして毛抜きは絶対にNG!毛深いお腹になってしまう一番の近道。他に、紫外線も毛深くする原因になるので、お腹がでる服装や水着等を着る場合は、日焼け対策は万全にしましょう。

生活習慣の乱れ (暴飲暴食・喫煙・睡眠不足・ストレスetc.)・加齢

こうした生活習慣の乱れはホルモンバランスを崩す要因になるので、心当たりのある方は一度見直してみることが大切。特に、食事面は体毛を毛深くする要因になるだけでなく、病気にもつながるので注意が必要です。脂物が多くなると角栓も増え、お腹の毛穴をつまむと、白いものが出てくるなんてことも。ニキビ等もできやすくなります。他に、年齢ととももに女性ホルモンが減少するので、少なからず体毛に影響を及ぼすと言われています。

妊娠中・出産後・授乳中 (ホルモンバランスが安定せず体毛に影響を及ぼす)

この時期はホルモンバランスが一番変わりやすく、安定するまでちょっと時間が必要。女性のお腹・へそ回りの毛が濃い悩みが一番増える時期です。ただ、体が安定すると自然に毛は元通りになるので、それほど心配しなくても大丈夫。むしろ、この時期に焦って過度なむだ毛処理をするのはNG。これが刺激となってより毛深い腹毛になる場合があります。ちなみに、妊娠中・出産直後・授乳中の時期はサロン・クリニックでも脱毛は安全上できません。

腹全体 へそ回り