自己処理と腹トラブル(毛深い/濃い腹毛・毛穴の目立ちetc)

腹毛処理

女性の毛深い/濃いお腹毛の原因には「腹の毛が濃くなる様々な原因」で紹介しているようにいくつかありますが、その中でも一番大きく腹毛に影響しているのは普段行っている自己処理の刺激。

刺激を受けると肌の防御力が働きより濃い毛・太い毛が生えるように。おへそ回りの毛を自己処理していくにつれ、産毛だった毛がどんどん毛深くなり、脇毛みたく生えてくるようになるケースもあります。

また、自分で気をつけて処理しているようでも、お肌はどうしても傷ついてしまいます。そうしたダメージが蓄積してしまうと毛穴が目立つ・ぶつぶつした炎症等のトラブルも表面化していきます。こうした状態になると、改善するのがなかなか難しくなるので、自己処理方法には気をつけることが大切です。

その自己処理は大丈夫?お腹の毛を処理する際に気をつけたいポイント

毛深いお腹・毛穴が目立つ原因を作らないために!腹の毛には電動シェーバー

お腹の毛をカミソリで剃るのが一般的な処理方法ですが、できることなら電動シェーバーがおすすめ。濃い毛が生える原因になる肌への刺激を最小限にできます。また、カミソリだと肌の角質層が多く削られ、乾燥による毛穴の開き・そこに汚れ等が入り黒ずみになったり、そのまま毛穴詰まり等のトラブルが生じることも。とにかく、刺激は様々なトラブルの元。お腹を処理する際は、その点に十分気をつけることが大切です。

毛抜きはNG!赤いポツポツ・毛穴の炎症・埋没毛(埋もれ毛)等の原因に!

肌にとって毛抜きの刺激は最も危険。毛穴にダメージを与え炎症の原因になります。炎症が慢性化するとブツブツが治らなくなったり、改善してもそのまま炎症の跡が残ることも。また、傷ついた毛穴が毛穴を覆い埋もれ毛が発生するケースがあります。もちろん、こうした場合でも自分で処置はしないこと。皮膚科等で医師にお願いするのが一番です。ちなみに埋没毛があっても脱毛は可能。埋もれたままの毛も除去してくれます。

知らず知らずのうちに肌にダメージが蓄積!脱毛剤の使用はほどほどにすること

気になる腹毛をなくすために簡単なのが除毛クリーム等のアイテム。ただし、使用頻度には気をつけること。私は肌が丈夫だから...敏感肌でも使える脱毛剤だから...といった理由で使い続けていると、ある時痒み等を伴った炎症を引き起こす場合があります。こうしたアイテムに使用されている薬剤はいくら優しいものといっても肌にとって刺激はゼロではないこと・ダメージは知らず知らずのうちに蓄積されていることを忘れないようにしましょう。

毛深いお腹の毛に悩む女子には脱毛も改善策の一つとしてはアリかも...

改善策

お腹のむだ毛処理の悩みは何かと大変。自宅で使える脱毛器や除毛剤などのアイテムが多く販売されているので、なんとか腹毛を薄くするためそれぞれご自分に合う処理方法を探していると思います。

当サイトで紹介している医療脱毛もその一つ。脱毛が完了してしまえば、自己処理をする必要がなくなるので、毛深い悩みや炎症等のトラブルから解放されます。肌のキメが整うので毛穴の目立ちも自然に改善、毛穴をなくす方法としても効果あり♪もちろん、効果はある反面それほど安くはないので、なかなかすぐに脱毛開始というわけにはいかないかもしれません。

ただ、クリニックによっては1回のお試し脱毛や、支払いを軽減できる各種ローン払い等の方法もあるので、迷っている場合は一度検討していみるのもアリかもしれません。

線

腹全体 へそ回り